Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 第百六十一話    →超空陽天楼 第二十話
*Edit TB(-) | CO(-) 

オリキャラの囁き(SS)

レルバルファミリー 豆まき大会


「あー……、そういえば今日はお豆まきって波音さんから聞きました」

波音
「そーだよ。
 今日はお豆まきの日――つーかあれだ。
 節分ってやつだ」


「節分?」

波音
「そそ。
 そんなやつだよ」


「おいしいです?」

波音
「恵方巻きとかおいしいな」


「そ、そうなんですか?
 かわった風習もあったものですねー……」

シエラ
「僕たちの時代にはなかったもんね」

メイナ
「どんなんするんかい?」


「なんか、豆をぶつけまくるらしいです」

シエラ&メイナ
「ほう?」

波音
「まーつまりだ。
 なんかしらんがな。
 とりあえず、豆をな、ぶつけるんだよ」

美鶴
「おはようしゃくー!
 今日は節分ということで――シャゴォ!!!」


「こんな感じでいいんです?」

波音
「おう、いい感じだ」

シエラ
「じゃあ僕も」

美鶴
「ちょ、待つしゃく!
 ヴぉくは鬼じゃなっ――デバァ!!」

波音
「いいぞー。
 鬼はこうやって退治するに限るな!」

シエラ
「うん」

メイナ
「――さすがにちょっとかわいそうかなって思うけど……」

波音
「さあ、投げろほら!!」


「《ネメシエル》全兵装解放!
 ぶっとばせーっ!」

シエラ
「最終兵器の力、見せてあげる」

美鶴
「見たくないしゃくよぉぉおおおおお」





~その後~




美鶴
「しゃくぅ……。
 どうしてヴぉくだけこんな目に……」

波音
「ほら、美鶴。
 恵方巻き食うぞ。
 今年は南南東だってよ。
 食ってる間に一言もしゃべっちゃだめだからな」


「……………」

シエラ
「……………」

メイナ
「……………」

美鶴
「本当にもくもくとあの三人がしゃべらないで食ってるしゃく……。
 ヴぉくも一言もしゃべらないで食うしゃくよ……」

むしゃり。

美鶴
「うまいしゃく!!」

波音
「おい!!!
 あ!!
 しゃべっちまったじゃねぇかバカ!!!」

セズク
「恵方巻き、波音の恵方巻き波音の恵方巻き波音の恵方巻き波音の恵方巻き波音のry」

波音
「ああ!!
 お主もうるせぇえええええええ!!」





               おわり
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   オリキャラの囁き(SS)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 第百六十一話    →超空陽天楼 第二十話
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 第百六十一話    →超空陽天楼 第二十話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。