Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←赤狐蒼狼琴奏記 はじめての鏡    →怪盗な季節☆ 第百三十三話
*Edit TB(-) | CO(-) 

オリキャラの囁き(SS)

波音とウルバル

波音
「なあ」

ウルバル
「あ、はじめまして。
 新短編小説の主人公です」

波音
「うん」

ウルバル
「はい」

波音
「前から思ってたんだけど……」

ウルバル
「はい」

波音
「お主さ。 
 俺とキャラかぶってね?」

ウルバル
「……ですよね」

波音
「うん」

ウルバル
「でも、ほら。
 一緒な作品に出るわけじゃないですか?」

波音
「うん」

ウルバル
「ごめんなさい」

波音
「いやいいよ別に」

ウルバル
「波音先輩の後をつげるように頑張ります」

波音
「いや、まて。
 まだ終わらないからな」

ウルバル
「そういえばもうひとつ前にギャグ小説があったとか」

美鶴
「そぉれはヴぉくのことしゃくよぉん♪」

波音
「えい」

美鶴
「しゃぁああああああああああああああああああああああああああ」

波音
「こいつだ」

ウルバル
「な、なるほど……」

波音
「まぁとにかく。
 がんばれよ」

ウルバル
「……はいっ!」


「そんなことより私達はいつ続きが出るんでしょうか」

フェンリア
「さあ」

波音
「気長に待つことだな。
 大学忙しいみたいだし」

ウルバル
「ですねー」





          おわり。
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   オリキャラの囁き(SS)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←赤狐蒼狼琴奏記 はじめての鏡    →怪盗な季節☆ 第百三十三話
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←赤狐蒼狼琴奏記 はじめての鏡    →怪盗な季節☆ 第百三十三話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。