Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 第百二十話    →超空陽天楼 第七話
*Edit TB(-) | CO(-) 

日々の日記

大人になるということ

三月も残り三日となりました。

ぽかぽかと日差しがいい感じに射す中みなさまどうお過ごしでしょうか。

こんにちわ、レルバルです。

今日はいい日なので外に出て散歩をしてみました。

町の風景もすっかり変わってしまっていて。

ふと思いついて小学校までの登校道を歩いてみました。

4.jpg

もちろん大いに簡略化しております。

おいらの学校は田んぼの中にありまして。

そこへ行くために山の中なんかを突っ切りました。

そのときの道なのですがどうもわけ分からんことにw

田んぼの中にはおたまじゃくしがたくさん泳いでいました。

5.jpg

一匹一匹を手ですくって捕まえてですね。

空の水筒に入れて家にもって帰ったことがあります。

無事に全部蛙になりました。

ちなみに画像のスペルは適当ですので。

そのまま読んだら「オタマジャクソゥィー」になります。

田んぼを見て、また道に戻って思ったのが

すごく道が小さくなっていたということです。

小学生の頃は六車線ぐらいある大きな道だったのに……。

今はほんとうに小さな小さな道になってしまっていました。

自分が大きくなったということでしょうが少しさびしくて……。

やっぱりこの道にはすごく強い印象が残っていますから。

思いも、たのしみも。

でもやっぱり竹やぶの場所なんかは変わってなくて。

たけのことかも生えていて……。

6.jpg

うん、たけのこ描けませんでした。

難しすぎますよ、あれ。

で、たけのこ。

一本おじさんからもらって帰ったことを思い出しました。

たけのこご飯にして食べたのです。

おいしかった……。

たんぼが終わって今度は荒地になりました。

荒地には土筆が生えていて……。

思わず足を止めてつくしに見入ってしまいました。

tukusi.jpg

小さいときはつくしを帽子いっぱいにとって帰ったものです。

それを母に渡し、佃煮にしてもらいました。

ほろ苦くて一口食べてやめてしまったのですがw

今なら食べれる気がします。

中学生、高校生と駆け抜けてきてつくしなんか見たことなかった……。

それだけ一生懸命だったんのでしょうか。

大学生になって一息ついて、ようやく回りをまた見渡せるようになったということでしょうか。

大きくなるということは視界を失うこと?

まだよくわかりません。

つくし……。

見つけれてよかったです。

大人になるのがちょっぴり怖くなったレルバルでした。

では。
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   日々の日記
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 第百二十話    →超空陽天楼 第七話

~ Comment ~


蓮兄さんへ

いつも蓮兄さんはかっこいい……。
なるほど、一本……ですか。
変わらないんでしょうか、本当に。
うぅぅ……。
なんだかすごくさびしいです。
#2468[2012/03/29 23:33]  るる(レルバルの略称)  URL 

ポールさんへ

もうそれにしか見えなくなった。
#2467[2012/03/29 23:32]  るる(レルバルの略称)  URL 

マルさまへ

心が温かくなりましたか?
よかった……。
成長をつづるのは久しぶりです。

自然がいっぱいの所で育ちました。
東京にも自然があるといいのですが……。
ていうかあれ。
あってくれ。

山菜おいしくないですよね!(言い切る
非常においしくないです、むしろまずいというw

コーヒーのお話、かわいいですね。
おいらもコーヒー苦手なのです。
あれは牛乳と一緒に飲むものですばい。

コメントありがとうございました。
#2466[2012/03/29 23:25]  るる(レルバルの略称)  URL 

矢端兄さんへ

だから、下に間違いです、って書いたではありませんかw
まったくもう。

またここには帰ってきます。
そのときやはりさびしくなるものなんでしょうね。
福井、変わってくれないといいんだけどなぁ……。
そうも行かないんでしょうねぇ。

悪いことw
こら、お兄様w
駄目ですよっw
#2465[2012/03/29 23:02]  るる(レルバルの略称)  URL 

limeねーさんへ

そうなのです。
おいらはオタマジャクソゥィーを持ち帰るいい子だったのです。
水筒を洗いながら母に怒られましたけどねw

つくし、食べれなかったです。
またたくさんとって母に佃煮にしてもらいたいです。
オタマジャクソゥィー食べるんですかw
まってください、ナチュラルに笑ってしまったではありませんかw

大人になることという意味。
これを噛み締めて今を行きます。
18ですから丁度境目ですからねっ。
がんばります。
#2464[2012/03/29 22:59]  るる(レルバルの略称)  URL 

おとなになってもそんなに変わらないです。
学校が働くに変わるだけですよ。
過去があって、現在があり、未来がある。
一直線です。
そんなに変わらないです。
安心してください。
私は昔から変わってないですから。
#2463[2012/03/28 19:53]  LandM  URL 

タイトルだけ読んでいけないことを考えたことをお詫びいたします(笑)
#2462[2012/03/28 16:59]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

あれっ、何か今この記事ですごく心温かくなったのですけど‥‥。

いいですねえ、小学校の登校路。
自然いっぱいっていいことですよね、心が和みます♪
私の住んでいるところも大概な田舎なのですが、土手にタンポポや彼岸花ががんがん咲いていたりして、何だかふと今思い出しました。
いやあ、もう春ですねえ(*´ω`*)テレ

つくし、私も昔沢山採っては持ち帰ったものですが、アレって案外美味しくな‥‥ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )ダメッ!
今でも同じ感想を抱くということは、私の味覚はお子ちゃまなのでしょうかorz
コーヒー、いまだに、牛乳入れないと飲めないんですよねえ。
人はね、それをカフェオレと呼ぶそうです。
でも、私にとっては永久にアレはコーヒーなんですな(笑)

大人になるって、素敵なことですよ♪
#2461[2012/03/28 01:17]  土屋マル  URL 

そのまま読んだら「オタマズィーヤクスィー」だろ!
本当に偏差値高い(?)大学に合格したのかね。どうも「綴り系」は怪しいとこがあるな。ネタかも知れんが・・・

大人になってから故郷の街を歩いてみると、街の小ささに驚きます。変貌ぶりにも驚くけど、変わっていないところには感動します。
僕も一度だけ採って帰ったつくしを母に晩御飯のおひたしにしてもらったことがあります。ほろ苦かったけど、おいしかった。感動した。

人生いろいろあるけど、僕は大人になってからの方がずっと楽しいです。自分の好きなことができるから。悪いことも。(←)
#2460[2012/03/27 21:53]  矢端想  URL  [Edit]

いいですねえ、いいですねえ。
るる少年は、つくしや「オタマジャクソゥィー」を捕獲して帰る、
よい子だったのですね。
きっと今なら、ほろ苦いつくしの佃煮も、オタマジャクシも、食べることができるはずです。

それでも大人になるって寂しいことかもしれませんねえ。
6車線が1車線にはなりませんが。
あまり、お馬鹿なことも言えなくなりますし。
でも、るるさんは、るるさんのままでいてくださいね^^
#2459[2012/03/27 16:56]  lime  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 第百二十話    →超空陽天楼 第七話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。