Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←巷で噂になっているおいらの胸板について    →超空陽天楼 第二話
*Edit TB(-) | CO(-) 

しゃくでば! (短編)

しゃくでば! 超高速瞬間強力接着剤

「なー、美鶴」

「しゃく?」

俺は横を歩く美鶴にある液体をかけてみた。

「ひゃっ、つめたっ!?
 な、何するしゃくかぁ!?」

わめく美鶴をそのまま壁に押し付けてみる。
前々からこれやってみたかった。
人で試してみたかった。

「な、何するしゃくかっ!?
 離すしゃくよっ!?」

「ういうい」

俺は十分に乾いたかな、と予想しながら美鶴から手を離した。

「まったく、急に……しゃく?」

美鶴は不思議に思っただろう。
そう、俺がかけた液体はタイトルの通り超高速瞬間強力接着剤なのだ!
何を隠そう超高速瞬間強力接着剤なのだよ!

「は、離れないしゃくよぉ、波音~」

「ふむ……。
 と言うことは人体にも有効ということか」

ふう。
満足した。
もういいや。

「美鶴、もういいぞ。
 何やってんだ?」

美鶴はうるうると目を潤ませ俺を見てきた。
顎の皮膚はうにょんと長く伸び、顎と壁がくっついている。
無様である。

「た、助けてくれしゃくよぉ!
 しゃぁあああああん!!
 しゃぁああああああん!!!」

「泣くな。
 今強力な助っ人を呼んだからな!」

「強力な……?」

強力も強力。
そう最終兵器ぐらいにね。

「呼んだ?」

おお、シエラ、来たか。

「状況は見ての通り。
 美鶴を助けてやってくれ」

「了解した」

「しゃ?
 な、何をするつもりしゃくか?」

シエラは片腕を刀に変えると

「しぇやぁあああああ!!!」

一気に壁を切り裂き、美鶴を分離させた。

「しゃ?
 お、おぉぉおしゃくよ!!」

さすがだ、シエラ。

「終わり?」

おう、もういいぞ。

「なんなんしゃくか、これ」




           つづかない。
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   しゃくでば! (短編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←巷で噂になっているおいらの胸板について    →超空陽天楼 第二話
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←巷で噂になっているおいらの胸板について    →超空陽天楼 第二話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。