Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←【四コマ】宝くじ    →怪盗な季節☆ 壱百話 (!)
*Edit TB(-) | CO(-) 

しゃくでば! (短編)

しゃくでば! スーパーミツルブラザーズ①

「ん……?」

「しゃ……く?」

俺と美鶴は目を覚ました。
地面に横たわっていたため、お互い顔が斜めに見える。

「おい、なんだよ?
 俺達どうしちまったんだ?」

俺は起き上がって空を見上げた。

「なんだ、あの雲?」

ドットを打ったように平面。

「ん、なんしゃくかぁ、この地面は?」

美鶴が地面を見て首をかしげている。
俺も見た。
平面だ。

「て、美鶴おまえも平面かいっ!」

「は、波音も平面しゃくよぉ!?」

げ。

      ・
      ・
      ・

つまり……。
これはあれか。
考えた。
某赤い帽子の人が跳ねたりしてゴール目指す……的な?

「と、とりあえず、先に進んでみようぜ?」

「しゃくぅ……」

キモイから近づいてくるな、おばか。

「は、波音……」

ちょっとまて。
平面と平面だから落ちる心配はいらないんだろうが……。
俺の予想だとこのブロックをちょぃと叩けば……。

「おらっらっ」

「何やってるんしゃくかぁ?

「ん?
 いや、あのブロック叩けんかなぁって」

「ヴォくに任せるしゃくよぉっ!!」

「ん?  
 じゃあ、頼むわ」

はりきってんなぁ。

「そぉいやぁっ!!
 しゃっこぉぉぅぅぅ!!!」

美鶴は勢いよくとんだ!
そして見事にブロックを叩いた!
何か変なにょこにょこって音がした!

「うわっ、何しゃくかぁ、これ」

ブロックの上から落ちてきたものをみて美鶴はうえーっと舌を出した。
確かに……。
これは……キモイな。
きのこっていうよりかは……何?

「気持ち悪いしゃく」

美鶴の顔がそのまんま出てきたような……。

「ぽいっしゃく」

「おぉぉおい!!」

アホかあああ!!
俺は美鶴きのこを追いかけるべくダッシュした。
待ちやがれ!

「よっしゃ、きゃっ……」

崖。

「バカ美鶴ぁぁああ!!!」

てろり。
軽快な音楽が響いたかと思うと目の前が真っ暗になった。

      ・
      ・
      ・

「波音、波音大丈夫しゃくかぁ?」

う……。

「美鶴か……?
 ああ、なんとか……」

平面――だよな。
夢じゃないってことか。

「さっきのやつ、もう投げんなよ。
 もしかしたらいいやつなのかもしれん」

俺は美鶴の手を借りて立ち上がった。
さっきの美鶴きのこをゲット。
ゲームだったらこれを食えば!
食え……ば。
―――食うの?
これ?
美鶴の顔きのこ?

「おい、美鶴」

さっき俺が落ちた崖を覗き込んでいる美鶴の肩を叩いた。

「なんしゃく?」

振り向いた瞬間に美鶴きのこを口に叩き込んでやる。

「食えッ!
 そして飲み込むがいいっ!」

「しゃむぐむぐ……。
 ごくしゃく。
 しゃぁ!?
 こ、これはいったいなんしゃくかぁ!?!?
 体の奥底から力がわいてくるしゃくよぉ!?」

おお。
でっかくなってる!
美鶴でっかい!!

「よし、美鶴。
 これで効果は分かった。
 先に進むぞ」

      ・
      ・
      ・

「ねぇ、ねぇしゃく」

「ん?」

美鶴が顎で突付いてきた。
何だよ。

「一体全体どうしてこんな所にきちゃったんしゃくかねぇ?」

「知らん、俺が聞きたいわ」

お。
前からのそのそと黒っぽい何かがやってきた。

「おい、美鶴。
 ちょっとアレ当たってみてくれ」

「しゃく?
 なんしゃくかぁ、あのしょうゆごまだれみたいなきのこは。
 別にいいしゃくけど……」

美鶴が俺の二倍ぐらいの身長があるせいで話しかけるたびに上を向かにゃならん。
首が痛い。

「しゃああああああああああああああああ!!!
 なんしゃくかぁあああああああああああ!?!?!?
 なんか生暖かいしゃあああああああああああっ!!!!」

おうおう。
当たったか。

「あれ?」

美鶴は小さくならない。
全然変わらない。

「よし!」

なら俺だって。

――行けるっ!!

ででっ♪

「なんでだよぉおおおおおおおおおおおおお」

てろっててろっててろっててん。





               つづく。
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   しゃくでば! (短編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←【四コマ】宝くじ    →怪盗な季節☆ 壱百話 (!)
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


矢端兄さんへ

ありがとうっす。
面白いといっていただけるだけでがんばれます。

とりあえず美鶴走んなww
#2027[2011/10/17 01:45]  るる(レルバルの略称)  URL 

ポールさんへ

ないんですか?
今はうぃーとかで出てますよ、復刻版。

案外面白いものです。
セーブできなくて半泣きですけどね。
#2026[2011/10/17 01:26]  るる(レルバルの略称)  URL 

ほおー、面白いじゃないかwwミツルブラザーズ。

20数年前ハネもののパチンコでキャラも曲もパチモンの「スーパーブラザーズ」って台があってね。これが良く出た。大勝ちはあまりないけど。真ん中のドラムに磁石で球がくっついて運ばれるギミックが楽しかったなあ。

「マリオの歌」って谷山浩子が歌ってたな。
・・・今日も元っ気にミツっルがはっしるっはっしる♪
#2012[2011/10/15 12:31]  矢端想  URL  [Edit]

スーパーマリオ実はやったことがない……。

第一弾の「マリオブラザーズ」は取りつかれたように遊んだけど。当時のゲーセンで、二人プレイが50円でできる筐体は貴重だったからなあ。ファミコンで出た時には狂喜したなあ。

シンプルだから、今プレイしても面白いんじゃないかと思う。

とりあえずわたしはブローダーバンド版のロードランナーで遊ぶ。解き方を忘れているけれど、ううっ、面白い……。
#2011[2011/10/15 11:25]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←【四コマ】宝くじ    →怪盗な季節☆ 壱百話 (!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。