Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←しゃくでば! 美鶴の文化祭まとめ    →怪盗な季節☆ 第九五話
*Edit TB(-) | CO(-) 

オリキャラの囁き(SS)

もしなみおとが女だったら。

これでしゃくでば第一話やってみます。



私の名前は永久波音。
一六歳、身長百五十八センチ、体重なんていえるか、ボケ。
大塔高校一年D組、ちょー平和(当社比)。
私は寝ぼけながら朝から面倒な学校に来たわけだ。
だるいったらありゃしない。
私ももちろんちょー平和にすごしていたいんだけど………。

「おはようしゃく~波音~!」

たった今こいつのせいで平和が壊れた。

「あ~のど乾いたしゃく。
 波音、一緒に買いに行くしゃく~」

これで最近知り合ったばかり。
なれなれしいにも程がある。
伏せていた顔を上げるとシルクハット、長髪、細い目そしてもっとも特徴的な部分。
こいつのまがまがしく太陽光を反射しているとーっても長いアゴ。
一言で言うならキ・モ・イ。
おいアゴでつつくなキモサ五〇%UPだ。
ってか何でこんなになれなれしいんだよ。
あっち行け、こっち見んな。
セクハラでしょ、これ。
存在が。

「早く行くしゃくよ!!
 僕はもう死にそうしゃく!!」

どんどんだんだん!!
どたばた暴れる。
ウザイ。
あと人の机叩くな。
このうざい男の名前は灼場山美鶴。
しゃくを語尾につける変で変でもう臨界点突破寸前まで一瞬でかっ飛ばせるほどの男だ。
個人的にすごく面倒くさい。

「こら!
 そこのアゴ!
 波音にからむな!」

シエラが私を助けようと舟を出してくれた。
ありがたい、ようやくこの苦労を分かってくれるか。

「うるさいしゃく!!僕が何をしようが女のお前には関係ないしゃく!
 あっち行った!しっしっ!!あっかんべーしゃく!!」

いや私も女……。
それは置いといてあー、こいつ馬鹿だ。
死んだな。
しかもこの歳でアッカンベーかよ。
シエラが何か知らないで(※ベルカ世界連邦帝国の最終兵器です)そんなことを言う男…いや漢、美鶴。
お前は今輝いているぞ、今だけ。
さぁこの勇者をたたえようか。
私はだるいからパス。
拍手したいやつだけどうぞ。

「あぁ!?
 ちょっとこっち来いや、カス!」

――Sound only――

「死にさらせぇ!このアゴがぁ!!床地獄!!」

ドカ!バキ!グショ!!ギリギリギリ……

じゃ"ぁ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"ぐっ!!
あ"っ!
あ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"あ"あ"あ"ぁ"ぁ"………

――Sound only end――

「今日も平和だなぁ……」

伸びをして私は窓の外のすずめを見た。
可愛いと思った。




               END 



ここまでやってみての結論→あんまり変わらないw



おまけ



『怪盗な季節☆ 第十二話より』


波音とセズクの初対面。

(いろいろあって)

「生きてるよね?
 よかった、よかった」

首が回せないので誰の声かわからない。
だが、男の声なのは確かだ。
その声の主が私の前に回って顔を覗き込んできた。

「クスッ、思ったとおりだよ。
 細いけど華奢っていうほど細くない体つき、そしてさりげなく反抗する目。
 髪型から顔つきまで僕の理想そのものだ………よ?」

男の声が震えだした。
な、何?

「NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!」

次の瞬間男は絶叫する。
な、なんだよこいつ……。
そんなに私の姿が駄目だって言うのか?
それひどくない?

「波音は……波音は男じゃないと嫌なんだよぉぉぉん!!
 F○CK!!!!!!!
 うわぁあああん!!!」

なんかすごい風圧がして男の気配が消えた。
何……?
一体なんだったわけ……?





波音
「あ、そっか。
 俺が↑みたいに女になればセズク避けになるよな?
 すげぇ、俺天才」

セズク
「と、思うでしょ?
 違うんだなぁ、僕が女になってそれで終了。
 また今みたいな関係が……」

波音
「…………くそっ」





個人的(ねみ的)にそれはそれでありかもしれないw
ここで正直言いますと、当初波音は女でした。
男の方が書きやすいし、感情移入しやすいことに気がついたので男にしてみたしだいです。
だから怪季☆(怪盗な季節☆の略)ノートでは波音は女って設定で展開が進んでいます。
それを男に変換して今までずっと続けているわけです。
男になったことでお色気シーンなんかもなくなってますがぶっちゃけ誰得なんだ。
なくしてよかった。
女→男ってことでセズクさんの性別もそれに連動して変わっております。
まぁでも正直男にしてよかったと思ってますw
女性受けなぜかいいしw(セズクが)
それに波音が女でセズクが男だったら今みたいに波音とセズクのコメディは存在しないわけです。
何より僕が男なんで書きやすい。(さっき言った)
それが波音を男で固定させた一番の理由だったりします。

波音を女と思ってまた怪季☆を一話から読んでみると……。
案外すんなり行くかも……しれません。

保障はしませんが……。
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   オリキャラの囁き(SS)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←しゃくでば! 美鶴の文化祭まとめ    →怪盗な季節☆ 第九五話
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


かいとへ

もってこいとw
#1899[2011/09/11 17:05]  ねみ  URL 

ポールさんへ

大丈夫。
#1898[2011/09/11 17:04]  ねみ  URL 

久しぶりにしゃくでば原案ノートが見たくなったなぁー(チラッ
#1890[2011/09/10 22:39]  かいと  URL 

うーむ、イメージが……。(^^;)

それより受験は大丈夫ですか? もう半年ないですが……。(^^;)
#1889[2011/09/10 11:47]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←しゃくでば! 美鶴の文化祭まとめ    →怪盗な季節☆ 第九五話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。