Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←戦艦とか機械の描き方についてその②(いよいよ船です)    →蒼が一言何か言いたいようです。
*Edit TB(-) | CO(-) 

ショートの集い (短編集)

予期せぬ事態

『実は地球は巨人の実験道具だという話はよくある。
 巨人の子供が夏休みの宿題などで作ってみたり。
 それが地球だと』

「ばかばかしい」

巨大な宇宙船の中で男は一人呟いた。
手に持っていたくだらない事が書いてある論文を机の上に投げ捨て操縦席まで歩く。
そこに座っている自分と同年齢、中年太りの男に話しかけた。

「調子はどうだ?」

「ぼちぼちってとこですかね」

この宇宙船は七百年も昔に滅びた地球を出て代わりの星を探している最中だ。
もうひいおじいさんの時代からずっとそうしてきたらしい。
この広い宇宙を当てもなくさ迷う旅。
それがずっと昔から繰り広げられていた。

「銀河系をもう間も無く出る所です。
 後、二十分もしたら最後のワープに入ります」

「頼む」

男はぱちんと全艦放送に切り替え手に持ったマイクに声を吹き込んだ。

『こちら艦長の北村です。
 今日は二二八五年八月一七日。
 艦内の天気は雨に設定します。
 温度は二七度から三二度。
 それでは今日もごゆっくりしていってください』

人口五千万人あまりが乗る艦の名前は《日本》。
その五キロ前を飛行しているのは《日本》よりも一回り大きな《アメリカ》。
《アメリカ》よりも少し後ろを飛んでいるのはおそらく《イギリス》だろう。

「いとしい銀河系もこれでさようならか。
 案外短かったな」

男はまた操縦席の男に話しかけた。
操縦席の男は答える。

「銀河系よりも遠くにある12K銀河には地球型惑星候補がたくさんあるらしいですよ。
 この七百年間かけて銀河中の全ての星を探索して一つも地球型惑星は見つからなかったから
 望みは薄いかもしれませんがね。
 そんなことよりも艦長、今日は私の誕生日なんですよ」

男はほうと声をあげた。

「いくつになったんだ?」

「今年で二四四ですかね。
 案外早いものです。
 八百年前なんかは平均寿命は七十ほどだったそうですよ」

「今晩仕事が終わったら俺のおごりで一杯やろうか。
 みんなはどうだ?」

操縦席に座っている二十人全員が歓声を上げた。

「良いんですか、艦長!」

「やった、俺ビール飲もうっと」

「中部地区の福井の蟹がうまいらしいぜ」

操縦席全体の空気が明るくなったことに男は嬉しくなった。
こうやってモチベーションを保つことも艦長の一つの役割と言えた。
せせら笑うように口の端をゆがめた男は窓の外の無限の大宇宙を眺めた。
そのときだった。
前を行く《アメリカ》が何かにぶつかったように艦首がへこみ真っ二つにへし折れたのは。
隙間からたくさんの人がこぼれていく。

「何だ何がおきた!?」

たちまちパニックに陥った男はあわててブレーキをかけさせた。

「何かがあります!
 巨大な、レーダーにも映らない何かが!」

《アメリカ》は目にも見えないその”何か”にぶつかったのだ。
間違いなく三百万人は即死したであろう大事故。

「成分分析を急げ!」

男は一人の部下に命じてその何かの成分を分析させた。
光を利用した最高のレーダーすら感知できなかったものとは一体……?
しばらくして技術部の部下が手に電子機器を持って帰ってきた。

「分かりました!」

「読み上げろ!」

男は頷いて部下に命令した。

「はっ!」

急に声が弱々しくなった部下が発した言葉は以下の通り。

「成分は主にケイ酸塩を主成分とする硬く透明な物質。
 おそらくロストテクノロジーとなったガラスではないかと思われ………」
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   ショートの集い (短編集)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←戦艦とか機械の描き方についてその②(いよいよ船です)    →蒼が一言何か言いたいようです。

~ Comment ~


マルさんへ

うぁああっ、ありがとうございます!
これは昔からかきてぇなぁと思っていたやつなのであります。

実はこの世界は……。
ふふふ。
#2200[2011/12/11 14:11]  るる(レルバルの略称)  URL 

るるさん、これナイスですっ(*´∀`*)ノ
こういうの好きです~。

怪盗にお邪魔しに来たのですが、新コーナーということで、遅ればせながら馳せ参じましたよっ♪

研究用の水槽のガラスにぶつかったところを想像しました。
巨大宇宙船大破‥‥(((( ;゚д゚)))アワワ

私のショートと違うのは、きちんと科学的知識に裏打ちされたラストであることorz
いや、上手い。
(´-ω-` )クヤスィ
#2193[2011/12/11 13:36]  土屋マル  URL 

ゆない。さんへ

ありがとうございます!
SF好きですか!

僕も大好きです、かけませんが!

ご訪問ありがとうございました!
#2184[2011/12/04 15:03]  るる(レルバルの略称)  URL 

こういう作品好きです!

先日はコメントありがとうございました!
『ゆない。』です!
作品を読ませていただきました!
ゆない。はSFが大好きなので、とっても楽しく読みました!
おもしろかったです!
#2174[2011/11/29 11:00]  ゆない。  URL 

蓮兄さんへ

そ、そんな考え方があるんですか?
知らなかった。

#1830[2011/08/26 23:40]  ねみ  URL 

誰かが無から有を作った。それが神だ。・・・というソフィーの世界の哲学論に近い考え方ですね。途方もない存在が無の世界から何かを作ったと言う考え方は結構メジャーですよね。・・・世界はどのように創造されたか?・・・というのは物書きだと一度は考えますよね。
#1815[2011/08/22 07:53]  LandM  URL  [Edit]

矢端兄さんへ

でかいのは怖いですよね。
本当に。
#1804[2011/08/21 00:23]  ねみ  URL 

そのちへ

いたねwww
#1803[2011/08/21 00:23]  ねみ  URL 

宇宙に巨艦を砕くガラスの壁。こういうナンセンスは好きです。銀河を囲んでいた壁?宇宙は未知でコワい。
#1788[2011/08/17 22:32]  矢端想  URL  [Edit]

ページをひらけば






俺がいた
#1786[2011/08/17 22:12]  そのちー  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←戦艦とか機械の描き方についてその②(いよいよ船です)    →蒼が一言何か言いたいようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。