Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←ポケモン日記    →怪盗な季節☆ 第八四話
*Edit TB(-) | CO(-) 

しゃくでば! (短編)

しゃくでば ~こちら虫歯建設株式会社~ ②

前回までのあらすじ。
美鶴が虫歯になっちゃった!
俺達はがんばって美鶴を歯医者に連れて行こうとするが……。
早い話、前回から読もうぜ!



「失敗か」

シエラののんびりした声に押されて
おかまばかりの歯医者から離れた。

「どうする?」

やれやれといった顔でメイナが尋ねる。
俺は知らん。

「あ、これはどうでっぱ?
 美鶴が大好きな甘いお菓子を設置して
 歯医者にまで誘導するなんて手は?」

おぉ。
出刃先輩あんた、冴えてるな!

「よし、それで行こう!」

      ・
      ・
      ・

「うぅ、ひどい目にあったしゃくぅ。
 なんとか逃げ切れたけどずぇーったいに
 もう二度と歯医者なんてごめんしゃくぅ」

美鶴は涙を流しながら歩いていた。

「ん?
 あれは何しゃく?」

鳴いたカラスがもう笑ったというべきスピードで
美鶴の泣き顔が終わった。
作戦通りだ。

「あっ、あれはヴぉくが大好きな
 ヴェスターザーオリジナルしゃくっ!」

道端に一つのキャンディーを見つけた。
お前落ちてるものは食べちゃ駄目って教わらなかったのか。
まぁ今回はそれでいいんだけどさ。
それにしてもうまいこと引っかかってくれたもんだ。

「あっ、あっちにもあるしゃく!」

案の定、美鶴はお菓子に釣られてシャテクテク……。
歩く歩く。

「うんまぁいしゃくぅっ!
 あぁんまぁいしゃくぅっ!!!」

「あっ、こっちにもあります!」

ん?
なんだ今の声。

「どうしてこんなに落ちてるんでしょうか?
 でもおやつにまずいものなんてないですよね?
 何よりもったいないです」

シエラがあちゃーと顔を手で覆った。
白いワンピースに麦わら帽子を被った女の子が
両手一杯に俺達がばら撒いたキャンディーを持ちつつ
美鶴に接近しつつあった。

「どーしてこんなにおいしいんしゃくかぁ? 
 拾う手が止まらないしゃくぅ!!」

「まったく、食べ物を捨てるなんて……」

美鶴が目の前のおやつに手を伸ばした。
それをぱっと横からかっさらう蒼。

「あ……」

「しゃ……」

二人はばったり出会ってしまった。

「このヴェスターザーオリジナルは僕のものしゃくっ!!
 なぜなら僕は特別な存在だからしゃくっ!!」

美鶴は寄越せといわんばかりに右手を突き出した。
蒼はへ?と言った顔をして

「わ、私のですよ!
 これは譲れないです!」

お前結局食べる気だったんじゃないかい!

「ふざけるなしゃく!!
 さっさとよこすしゃくっ!!」

美鶴は蒼の手からキャンディーを奪い取った。

「私のです!
 返してくださいッ!」

蒼が美鶴から取り返す。

「よこすしゃくっ!!」

「いやですっ!!」

嗚呼、喧嘩がはじまった。
殴り合い、叩きあい。
美鶴が蒼の頬に平手打ち。
その瞬間蒼の気配が変わった。

「わかりました。
 そこまでして欲しいんですね」

「そうしゃく!
 さっさとよこすしゃく!」

「勝てたら……あげますよ?」

ざわっと空気が揺れた。
ん、空が暗い……。
おい、まさか!

「ネメシエル、艦底五〇・八センチ光波共震砲用意。 
 目標美鶴、三秒後に斉射」

「ちょ、待つしゃく、蒼!」

「三……二……」

「お、落ち着くしゃ「ゼロです」

空から数え切れないほどのレーザーが降り注いだ。

「しゃぁあああああああああ!!!!!」

大地がえぐれ、美鶴の姿は土埃にまみれて見えなくなってしまった。

「まったく……。
 キャンディは私のです」

蒼は美鶴からキャンディを奪うとネメシエルの中に消えた。

      ・
      ・
      ・

「また失敗したよ!
 もうどうすりゃいいんだよ!!」

「結局はさぁ」

うん。

「美鶴を歯医者に入れればいいんでしょ?」

そうだな。

「ならさぁ……」

メイナの提案はすごくマシなものだった。
なんではじめっからそうしなかったんだろうというぐらいに。

      ・
     (翌朝)
      ・

「おっはよーしゃくぅっ!」

美鶴が教室に入ってきた。
と、思ったらそこは歯医者の治療室になっていた。

「な、なぁんしゃくかぁ!?
 これはぁ!?」

実は美鶴が寝ている真夜中に蒼の協力の下で
シエラが美鶴の脳の中に変な電波を送り込んでたんだ。
んで、幻覚を見せていたと。
ちなみに歯医者の予約も事前に済ませてある。
俺がやっといた。
かなり面倒だった。
美鶴は看護婦さんに押されるがままに治療室の中に入って
口をこじ開けられていた。

「はーい、ちょっと削るよー?
 痛くないからねぇー?」

歯医者さんのメガネが光できらりとした。
というか歯医者さんはみんなSだと思うのは俺だけだろうか。
痛くないよーって言うときほど痛かったりする。
変な法則である。

「きっ、聞いてないしゃくよぉ……!!」

お医者さんの持つドリルの先が回り始めた。
あの嫌な音が鳴り響く。
ドリルの先が美鶴の黒くなった虫歯の表面に触れると
ガリガリと削れる音がして……。
もうココから先は言わせるんじゃない。
あれはヤバイ。
神経に達したときが一番痛い。






しゃあああああああああああああ…………!!!







               つづくかもぉ~






ちなみに俺は小学校一年生から歯医者には行ってない。
虫歯はゼロ。
超綺麗にしてるからな。
毎日四十分ぐらい磨いてる。
どや!



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   しゃくでば! (短編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←ポケモン日記    →怪盗な季節☆ 第八四話
*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~


才条 蓮さんへ

虫歯は僕もないですよ。
病院っ子だったんですか。

それは知らなかった・・・。

そろそろ歯医者行ってみようかな。
#1578[2011/07/03 14:41]  ねみ  URL 

ポールさんへ

本当ですか!?
よっしゃ、今度言ってみます。

楽しそうだなぁ。
本当に受けてみたい。
#1577[2011/07/03 14:39]  ねみ  URL 

そういえば、前の検診から半年以上経過したから、そろそろ行かないとマズいなあ・・・と思いつつある才条 蓮です。
特に今回もなさそうですから、定期的にする歯石を除くだけでしょうけどね。いつも虫歯がないので、別に歯医者に嫌なイメージがないというか、昔から病院っ子なので、病院は慣れているんですけどね。
#1568[2011/06/27 06:55]  LandM(才条 蓮)  URL  [Edit]

歯磨きでは歯石は落ちませんから、虫歯が無くても一度歯医者へ行って歯石を削り落としてもらったほうがいいと思われます。

ちなみに、虫歯が無い状態で行く歯医者はパラダイスかと思えるほど気持ちがいいものであります。美人の助手さんが歯ブラシとデンタルフロスで丁寧に歯を磨いてくれたり、電動式のブラシで歯のホワイトニングをしてくれたり、すっきりさっぱりして……。

ウソじゃないから騙されたと思って行ってみなさい。「虫歯は無いと診断されたけれど念のため歯の検査に来ました」といえば、歯医者は感激してくれますので。

万一虫歯が見つかったら地獄のどん底になりますけど(笑)。
#1566[2011/06/26 21:29]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ポケモン日記    →怪盗な季節☆ 第八四話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。