Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←最近    →怪盗な季節☆ 第六六話
*Edit TB(-) | CO(-) 

しゃくでば! (短編)

しゃくでば! ゲームで成功した人っているの?

前回までのあらすじ。
名前の横に大きな丸という点数をとってしまった灼場山美鶴。
彼は成績を上げるためにシエラもんに相談を持ちかけ
彼女の助言どおりにしたが、失敗に終わった。
だが……。

「まだしゃく!!
 まだ終わってないしゃくっ!!」

     ・
     ・
     ・

「というわけで、メイナもん!
 なんとかしてしゃく!!」

メイナもん……。
そのうちハノンもんとかいわれるのだろうか、俺は。

「じゃあ成績がアップした気になれる料理を……」

美鶴の顔が変わった。
顔というか顔色が。

「もうあんな危険物……二度と作らないで欲しいしゃく!!
 爆死はまぬがれたけど変な子供まで生まれてしまったしゃくっ!!」

その言葉を聞いたメイナの目から一筋の……涙が……。(感動番組風)

「私の料理は……。
 私の料理は……」

「しゃく?」

「みんなを死に至らしめる危険物だったんだね――っ!!」

泣きながら走りさるメイナ。
美鶴は一人その場に残された。
一瞬の静寂の後に始まるひそひそ話。

「ちょっと、何アイツ。
 女の子泣かしたよ?」

「しかもアイツこの前の変態じゃね? 
 サイッテー」

「うほっ、良い修羅場」

「女の子を泣かしてその上変態だなんて……。
 あれ聞いてる価値あんの?
 ってか人間?」

すごい言われようだが今回は完璧に美鶴が悪い。
だから俺は止めない。

「……僕は……僕は……。
 しゃぁぁぁぁくっ!!!」

美鶴も駆け出す。

「おい、お前のせいだぞシエラ。
 お前のせいでクラス中がなんか美鶴攻め体制に入ってるぞ」

「えー?
 別におもしろいからよくない?」

「お前……」

     ・
     ・
     ・

「あー、結局何も成績アップの方法がつかめなかったしゃく……」

なんで俺のところに来たんだよ。
俺はバカだから力にはなれんぞ。

「誰かお前のまわりで頭いいやついないわけ?」

美鶴は長い間顎に手を当てて考え始めた。
いないのか…。

「……そうしゃく!」

お、思い付いたのか?
頭いい友達いたのか?
美鶴はすっとアンテナ付き携帯を取りだしボタンを連打した。
そのまま耳にあてる。
電話してやがる!

「……しゃく………」

『はい、こちらベルカ第一…』

「蒼を呼んでくれしゃぁぁぁくっ!!!!」

大声だすな!
耳痛いがな!
だがチョイスはグッドだ。
確かに蒼さんならいいかもしれんな。
いい迷惑だろうけど。

『はっ……?
えーと蒼中将…お電話です』

『はい、お電話かわりまし――』

「蒼ー!!お願いしゃく!!成績アップのコツを教えて欲しいしゃぁぁぁくっ!!!」

『…………』

ブツッ。
つーつーつー…。
うるっせぇ!
なにこいついきなり大声あげてんだバカ美鶴。

「お前いきなり大声はアウトだろ…」

やさしく諭す。

「へ?
だってこうしないときこえないんじゃしゃく?」

「はぁ…あのなー……普通に話しかければいいんだよ?もういっぺんかけてみ!」

「わかったしゃく!」

プルルル…。

『はい、こちら…』

「しゃぁぁぁくっ!!!」

「分かってねーじゃねーか!」

『…………』

ブツッ。
つー…つー…。

「切れたしゃく…」

あのな…。
だからな…。

「いいか、美鶴。もう一回言うからな?(略)」

「わかったしゃく!」

本当かよ…。
プルルル…。

『はい、こちら…』

「しゃくっ!」

『……はぁ…。なんでこの周波数知ってるとかキミの携帯どうなってんのとかはこの際問いません』

「ありがとうしゃく。というわけで成績アップのコツを教えて欲しいしゃく」

『……脳トレでもしたらどうです?』

「僕DS持ってないしゃく……」

『じゃあソフトだけあげますよ。うまく受け取って下さいね』

「しゃく?」

ん?
なんだあの空から降ってくる……っ!
箱!?

「美鶴!上!」

「しゃ――」

がぎんとソフトが入っている箱が美鶴の顔に直撃!

「みつるぅうぅう!」





その後美鶴は義母に買ってもらったDSで脳トレをはじめたのであった。


『あなたの脳年齢は…
 0歳です      』

しゃぁぁぁぁぁ…!

「いいのか、悪いのか…」

ってかまた0かよ…。
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   しゃくでば! (短編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←最近    →怪盗な季節☆ 第六六話
*Edit TB(0) | CO(1)

~ Comment ~


いったいどうやって美鶴くんはこの高校の入学試験を突破してきたのだろう……(笑)。

クロマティ高校でもあるまいし(^^)
#1305[2011/02/19 12:28]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←最近    →怪盗な季節☆ 第六六話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。