Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←スネアス    →怪盗な季節☆ 第五二話
*Edit TB(-) | CO(-) 

しゃくでば! (短編)

しゃくでば! 羞恥心 ?永久家の場合?

「あ?、メイナ。
 ご飯お代わりよろしく」

「はい」

「お?さんきゅ」

ここ俺、永久家ではいつもどおりの夕食をとっていた。
肉を頬張り、TVを眺める。

「僕もお代わりしゃくっ!」

「ブフォ!?」

いつもどおりじゃなかった。
美鶴だよ……おいおいおいおいおいおいおいおいおい。

「な……なんで……ゲホッ!
 お前が……ゲホゲホッ!!
 ここにいるんだってゲフホァッ!」

水!
水!!

「僕、この頃出番がないしゃく……。
 だからっ!!」

バンっと机を叩く。

「ちょっと!
 机叩かないでよ!
 壊れやすいんだから」

シエラが美鶴を睨みつける。

「あ、ごめんしゃく…じゃなくてっ!!
 僕は決めたんしゃくっ!!
 無理にでも登場して出番を増やしてやるしゃくッ!!」

「…………は?」

何言ってるんだこいつ。

「とめても無駄しゃくよ?
 僕のこの硬い硬い決心は誰にもまけないしゃくっ!!」

「……は?」

マジで大丈夫かこいつ。
それにそんなこと言ってるとシエラ辺りが……。

『フ○タくぅ?ん、どうだいぃ、今夜ぁ?
 や・ら・な・い・か?』

『えぇっ!?
 ア○ゴくーん?
 そ……それはボクに妻子がいることを知っていてのことかぃ!?』

「ナハハハハハッ!!!」

「っておい!
 美鶴を追い出すなり蹴りだすなりぶっ飛ばすなり
 レーザーで蒲焼にするなりなんかしろよ!」

「もぅ、僕今日疲れちった」

「ホラホラ、波音も一緒に見ようよ!
 サ○エさんVSア○ゴさんだよ!!」

What?
なんだよそれ最近のサ○エさんおかしくね?

『マ○オさんは……渡さないっ!!』

『フハハハハハ!!おぉもしろぉぃ!!
 何秒間耐えれるか数えてやろぉぅ……』

『サ○エスパーク!!』 『ぬぅるぃわぁぁあぁぁ!!!』

「「おぉぉぉぉおお!!」

最終兵器姉妹の趣味がだんだん分からなくなってきた。
というかココまで突っ込みどころ満載だと
逆にどこから突っ込めば良いのか分からない。
俺もう突っ込み放棄してもいいだろうか。

「あ、あのーしゃく……」

『ぶるぁぁぁぁあぁああぁ!!!』

『これが……愛の力よっ!!』

「あー!今週のサ○エさんも面白かったー!」

メイナが目に涙をためながら欠伸をして伸びる。

「終わったしゃく?
 なら話を――――」

「あ!そだ!
 お隣の田所さんからとうもろこし御裾分けしてもらったんだ」

ごそごそと倉庫から沢山のとうもろこしを引っ張り出してきて
新聞紙をごそごそする。

「え?まじ?」

とうもろこしかぁ。
久方だな。

「わー♪
 はやく蒸かそうよ!」

メイナの目が既にとうもろこしな件。

「(くっ……今回はそうは行かないしゃくっ!!
  奴らの行動に溶け込んでやるしゃくッ!!)」

とうもろこしは醤油をつけて焼くのが定番だ。
まぁ蒸かしてもいいんだが。
甘いしうまい。
最高だよな、とうもろこし。

「僕も欲しいしゃくー♪」

「…………は?
 ないよ?」

シエラの声つめたっ!

「………え?しゃく……」

「当たり前じゃん。
 これは僕と姉さんと波音にくれたものなんだから。 
 部外者であるお前にはなくて当然」

「しゃ……しゃ……」

お。
泣くぞ、泣くぞ。

しゃぁぁあぁぁあぁぁぁぁぁ………

タッタッタッ……

ってかこの落ち久しぶりだな。
やっぱりこの落ち最高。

「ホント綺麗に涙流れるねぇ……」

メイナ、とうもろこしはまだ焼けてないぞ。
置け。




?☆あふたーすとーりー☆?

「あ、一個あまった」

「あ、私はいらないから」

シエラのとうもろこしをじっと見つめる俺。

「…………やるか?」

マンガの悪役のような顔をして捨て台詞を吐く。

「…………いいよ?」

バカめ、承諾したときがお前の運のつきだ。

「「せーのっ!」

「じゃんけん!!」

「ぽん!!」

「ひゃあぁぁ!!
 負けたぁぁっ!!
 僕がっ……負けたッ……!」

「ノリが悪かったなぁ……(キラーン)」

「うぅ……なんでチョキなんて出したんだろう……」

『来週もまた見てくださいねー♪
 じゃん!けん!ぽん!!』

「あ、波音!
 サ○エさんに勝ったからそれ僕の!!」

「なんでそうなる!!」

『うふふふふふ♪』

シエラとサ○エさんの声が重なって……

「こえぇぇよっ!!」





               続くかも?
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   しゃくでば! (短編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←スネアス    →怪盗な季節☆ 第五二話
*Edit TB(0) | CO(1)

~ Comment ~


なんでも、某小説によれば、

「とうもろこしは、最高限度に熱したオーブンで皮ごと40分焼き、テーブルについてから皮をむき、バターと塩だけで食べるのがいちばんうまい」

そうであります。

ぜひいっぺんお試しを。うちのオーブンは壊れてしまって実験できんので……(T_T)
#1102[2010/11/05 18:53]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←スネアス    →怪盗な季節☆ 第五二話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。