Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 人物紹介編    →怪盗な季節☆ 第二話
*Edit TB(-) | CO(-) 

怪盗な季節☆ (長編)

怪盗な季節☆ 第一話

「大切なものが消えるとき
   三つの死は姿をあらわす。
    死は力を使い地上を無に戻す。
      死は鬼神となり
       恐怖の中で消えていく。
        大切なものを失った悲しみと共に」
                             


薄暗い部屋に響く金属音。
パソコンが出している電子音。
部屋は、地下室なのか窓がひとつもなかった。
あるのは、今俺達が入ってきた入り口、そして大金庫への入り口のみだ。
薄暗い部屋に二つの人影が揺らめいている。
一人は大きな金属製の扉のそばに。
もう一人は、扉のそばにあるモニターの戸から配線を引きずり出し
自分のPCにつないでいた。
カタカタと、キーボードが鳴る。
画面に、文字が並び回転を始め黒い画面に、四桁の文字が右から次々と並んでいく。

そして…

「よし、あいた」

俺は、自分のPCをいとおしそうになでている奴に話しかける。

「流石だな、仁。」

仁は、PCから目を離し僕の方をみてにやり笑った。
白い歯が、モニターからの光できらめく。

「これぐらい楽勝さ」

仁が、Vサインを送ってくる。
俺もVサインを返した。
そして、扉に手をかけ巨大金庫の中に入る。
ひんやりとした空気が体を包むのが分かった。
期待と緊張の二つで心臓がバクバクと波打っている。
記憶によれば、ここで赤外線センサーが作動しているはずだ。
赤外線暗視ゴーグルを取り出し頭につけ、スイッチを入れる。
キュゥゥゥ…と小さく音がして視界に赤い光線が現れる。
その赤外線に光着色液を吹きかける。
白い霧の後には、赤く光る光の線が残る。

「うわ…」

仁が小さく声をあげる。
赤外線が蜘蛛の巣のように獲物を囲んでいた。
獲物は、赤外線の光で血のように赤くきらめき俺を誘っているようだ。

俺は、大きく息を吸い…




公立大塔高校。
一年D組。
第二期二〇一二年。
六月二十五日。
朝、午前八時ぴったり。

教室で寝ようとはやくきた俺の心を無視してバーン!と勢いよく教室のドアが開いた。
今日も元気なやつだ。

「なんで放っていったんだ!!波音!!」

そういいながら、俺にタックルをかましてくる男。
こいつの名前は遠田仁(そのだじん)。
俺の親友で相棒だ。
寝不足でぼんやりしている頭を右手で抑えながら左手で仁の頭を叩く。
眠いんだから騒ぐな。
仁は百五のダメージを受けた。
こいつの後ろからお馴染みのメンバーがぞろぞろ入ってくる。

「うるせーぞ、仁!!」

とか、いいながらかなり怖い顔でジロリと睨む女子。このこえー女子は鬼灯詩乃(ほおずきしの)だ。
いままでたてた武勇伝は数知れず。
男子十人相手に勝ったとか…
恐ろしいやつだぜ。
勝てる気がしないからな。雰囲気的にも。

「エロ…それは人類の神秘…」

とか言いながら舞う奴。
流木遼(ながれぎはるか)。
かなりの変態だ。
そしてうるさい。
だが、頭がいい。
捕捉説明。
巨乳好きだ。
朝っぱらからそれはどうかと思うが。

「うるさいよ…?」
で、こいつが村川綾(むらがわあや)だ。
詩乃の奴と大違いで静かで弱い。(?)

「波音…こいつらなんとかならないのか…?」
そして、頭をフルフルしながら両手を上にあげて
お手上げポーズをとっているのが冬蝉(ふゆぜみ)だ。

後、もう一人クラスの兄貴分がいたがちょうちょを追いかけて外に行ったので説明は省く。
ってか、そのうち説明する。
俺には、仁を除き知らない秘密がただひとつ。

俺の名前は永久波音(とわはのん)だ。

なんやかんやあって、今バイト中だ。
なんのバイトかというと、それは盗み…
世間からは、怪盗レルバルとか呼ばれてるが
自分で怪盗という位を名乗ったことはない。
そんなに自意識過剰でもないしな。


昨日の獲物はレインボーパワー。


時価五億円の代物だった。

すでに、バイトの雇い主に渡してある。
邪魔だし。


キーンコーンカーンコーン…


チャイムが鳴り今日も俺の生活が幕をあける。





               This story continues.


追記です。
FC2のメンテナンスによりここから先にちょっと
いや~なことがおこりました。
①や~などの数字がすべて?に変わっているのです。
読みづらいので、↓に完全版のリンクを張っておきます。
よろしければこちらからお読みください。
ご迷惑おかけします。

こちらからどうぞ。

それでは。
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   怪盗な季節☆ (長編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 人物紹介編    →怪盗な季節☆ 第二話
*Edit TB(0) | CO(3)

~ Comment ~


こんばんはー


 私のブログ「終始徒労な俺達」にコメントありがとうございました! また遊びに来てくださいね~

 見る限り、こちらと同じく長編小説を書かれているようですね! 怪盗と言う事はミステリーでしょうか? また読ませていただこうと思いますv-290

 あと、よろしければリンクさせていただこうと思うのですが……どうでしょうか?

#1653[2011/07/26 19:44]  ゆういち  URL 

ねみ様、はじめまして|ω・`)
私のブログへのご訪問とコメントのお礼に、さっそく寄らせてもらいました♪

どこに書き込もうか迷ったのですが、せっかくなのでこちらの第一話に‥‥(*´ω`*)
高校生怪盗、いいですね~。かわいい♪
でも時価5億円相当の品物を盗む高校生って、何気にものすごいですw
バイト料いくらなんだろう!∑(゜∀゜)
コナンに出て来る怪盗キッドもそういえば高校生ですよね。

また遊びに来ます♪
今日はこれにて|彡サッ
#1652[2011/07/26 19:11]  土屋マル  URL 

NoTitle

おお、高校生の怪盗なんですね^^
親に内緒のバイトなのね^^
しかもペアなんだ^^
そしてクラスメイトが濃い人ばかり^^
この人間関係とかもっと知りたいです^^

まだ冒頭部で人物像がつかめてませんが、続きを楽しみにしています^^
また読みに来ますね^^
#90[2009/09/03 07:22]  月黎風  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←怪盗な季節☆ 人物紹介編    →怪盗な季節☆ 第二話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。