Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←文化祭    →是非
*Edit TB(-) | CO(-) 

しゃくでば! (短編)

しゃくでば! ちょっとエッチなしゃくでば☆

「しゃくふふふぅ~♪しゃくふふふぅ~~♪」

ゴキンッ!!

「頼むから静かにしてくれ……」

シエラが美鶴を殴った後頭を抑える。

「だってしゃくぅ~♪待ちきれないんしゃくよぉ~♪」

殴られた痛みを感じないほど興奮してんのか。
この馬鹿は。

「何が?」

シエラが覚悟を決めたように美鶴に話しかける。
早く黙って欲しくてたまらないようだ。

「もうこのしゃくでば!もネットに公開されているしゃくね!
 ということはもうすぐエロ同人誌が出てもおかしくないはずしゃくぅ?♪」

「でるわけないでしょ……。
 全然有名じゃないんだしさ……」

「出るしゃくっ!!絶対!!コレまでの作品でエロ同人誌が出なかった作品はないんしゃくっ!!」

「人の話聞け……」

「というわけで!! 
 エロ同人誌を描く人が困らないようにカップリングを決めておくしゃくぅ?♪」

そんなもん描く人の自由だろうが。
ちなみに今回俺――波音の出番はないようだ。
な、泣いてなんかいないんだからなっ!!

「というわけでシエラ!!!」

するとシエラは死ぬ直前のヒロインが主人公に優しく……
優しく話しかけるような笑みで

「僕が良いっていうと思う……?」

「もちろんのろんしゃ――」

「ねぇよ!!」

「ひぃぃぃぃぃいいぃっ!!
 しゃくっぅうぅぅうう!!!!」

美鶴大脱走。

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

「メイナー!!」

「……何よ?」

「(省略)というわけなんしゃく!!
 お願いしゃ――」

「チッ」

「…………………しゃく………?」

「………………」

「………………しゃ………」

「………………」

沈黙が痛い。

「……と、とりあえず……
 逃げるしゃくっ!!!!」

「詩乃ー!!」

「なんだよ、うっせぇなぁ、クソ顎」

詩乃怖い。
蒼の保護者の詩乃怖い。

「(省略)というわけなんしゃく!!
 お願いしゃ――」(コピペ)

「Get Lost!!(消えうせろ)」

「ひぃぃぃぃやぁあぁああああああああしゃくぅぅうう!!!」

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

「こうなったら……最終手段しゃくっ!!!」

おうおう。
最終手段早くないですか。
というかこの作品ってそんなに女キャラ少なかったっけ……。
ちょっとしょぼん。

『ベルカ第一超空制圧艦隊日本帝国本部へ接続します』


「蒼ーー!!(省略)というわけなんしゃく!!
 お願いしゃくぅぅぅ!!!
 もう君しかいないんしゃくぅぅぅううう!!!!」(途中コピペ)

「えー」

「お願いしゃくぅぅううう!!!!」

「っていうか……私まだ十四歳なんですけど……」

ロリコンだな。
これでOKとかいったら完璧なまでにロリコンだな。

「全然OKしゃくよ!!!
 ちょっと今から来て欲しいしゃくぅぅうう!!!!!」

「分かりましたよー。
 だるいですが仕方ないですねぇ……」

え…………。
ま、まじで………?
蒼や……こんな奴にやられていいのか……?

「しゃくっ♪しゃくっ♪」

うぜぇ。
ん……?
空が暗い……というか……紫の光が……。

「しゃくっ?
 お!!蒼ー!!こっちしゃ――」

バキバキバキッ!!!!
ズズズズグシャッ!!!!!!!!


うわっ!?
校舎がっ!!!
ネメシエルが校舎の上に降りてきて美鶴がっ!!
美鶴がっ!!

「しゃ」 

しゃあぁあああ すら言えずに終わった!!
美鶴が一五二万トンの重さの戦艦に潰されて終わった!!
久しぶりじゃないか、このすがすがしい終わり方。

「こちらベルカ第一超空制圧艦隊旗艦ネメシエル所属の蒼中将です。
 作戦完了。
 ターゲットの削除に成功しました。
 これより帰還します」

こうして今回も無事に平和が守られたのであった。


――――☆アフターすとーりー☆―――

「エロ同人誌でたぞーお前の」

お、俺の出番あった!
それはおいといて俺の右手の先で異様なオーラを出している一冊の本がある。

「やったしゃくっ!!早くみせるしゃくっ!!!」

     ・
     ・
     ・

「出刃先輩とのBL同人誌だ」

「しかも顎超美形………」

シエラとメイナが笑いをこらえながらパラパラと同人誌をめくる。

「つまりはお前の容貌を誰も認めてないってことだな」

俺のとどめの言葉。

「うぅぅうう………。
 しゃぁ嗚呼アアアアああああああああぁぁああぁぁぁああ!!!!!」





             END つづくかも?

↓ちなみに美鶴こんな感じ

shakudeba ep0 2-4



続きは――ないっ!
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   しゃくでば! (短編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←文化祭    →是非
*Edit TB(0) | CO(5)

~ Comment ~


Get Lostの文字がかなり素敵でした(´∀`人)
みんな、容赦なさ過ぎ(ぶw

――つか、美鶴鼻高ッッ←
あんなん同じクラスにいたら耐えられないな……
#987[2010/09/15 23:05]  佐槻勇斗  URL 

勝手に「しゃくでば! 外伝」

「しゃくふふふぅ~♪しゃくふふふぅ~~♪」

「今度はどうした」

「誰も書いてくれないから、自分でエロ同人誌を書いたしゃく! 絵が描けないから小説しゃく! コピー本だから、お金もかからなかったしゃく!」

美鶴は週刊誌ほどの大きさの小冊子を持っていた。

ひょい

伸びてきた手が美鶴の手から小冊子を奪う。

「あっ、シエラにメイナに詩乃に蒼! そんなに読みたかったのしゃくううううううううう!」

俺は頭を抱えて見ないふりをした。その後どういう展開が待っているかはだいたい想像がつく。

「内容は暗記しているから、これから朗読するしゃく! 美鶴の前にやってきた四人の娘は×××××××××××××××」

一瞬後。

「お前やっていいことと悪いことがあるぞおおおお!」
「伏字になってしまうような記述を一行目から書くなああああ!」
「天罰! 天罰! 天罰ううううううううう!」
「消えろ消えてしまえええ!」

はっと俺が振り向いたとき、この地上から、美鶴の肉体は完全に消滅していた。

このシリーズも、他人の手によって終わりを告げるのか……。

「そんなわけがないしゃくううううううううううう! 主役は不死身しゃくううううううううう!」

何かが聞こえたような気がしたが……たぶん空耳だろう。


パロディカキコのため、本編とは一切関係ありません(ポール)
#961[2010/09/09 18:00]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

たwいwとwるw
出っ歯×アゴとはww(勝手に受け攻めきめてもうた

かけ算の達人達でも手に負えませんねこれはww
#960[2010/09/08 17:57]  吟牙  URL 

問題は……。

書いたところで、売れるか、だな……(^^;)

美鶴くん自分で書けばいいのに(笑)。
#959[2010/09/08 13:49]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

顎超美形(笑)
なめらかつるり~んで、お髭がなくってホッとしました。
こんなにも早く、しゃくのお顔を拝見できるなんてしゃくー!!

しかし、予想以上のとんがり具合。
あれでつつかれたら痛そうですよね!!
まさかアゴらへん、秘密兵器が仕込んであるとか!?Σ(゚Д゚,,)
#958[2010/09/07 23:50]  ヘソ子  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←文化祭    →是非

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。