Twilight of midnight

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←とうけう    →怪盗な季節☆ 第四三話
*Edit TB(-) | CO(-) 

しゃくでば! (短編)

しゃくでば! 隠密機動部隊(笑)

「そうしゃく!
 シエラの暴力をやめさせるかつ僕のしもべにさせる方法を思いついたしゃく!
 しゃくふふふぅ???。
 シエラの部屋に侵入して奴の弱みを握ってやるしゃくぅ??(←エロ同人誌の見すぎ)」

……はじまったか。

   ・
   ・
   ・

PLL PLL

「こちら美鶴しゃく!
 出刃先輩、聞えてるしゃく?」

「あぁ、ばっちりでっぱ!
 そっちの状況は常にこっちの世界地図でマークしてるから大丈夫でっぱ!」

「よ?し、早速侵入しゃくぅ?☆」

そろりそろりとドアを開ける美鶴。
バイオかよ、こえぇよ。

「お前のやることは一つ。
 その部屋から某最終兵器シエラ・F・Dの弱みを握ることでっぱ。
 まず左スティックで移動、それから――」

ゲームかよ。

「ふむふむ、なるほどしゃく?♪」

うなずいている場合かよ。
後ろ、後ろ!

「貴様ぁ……
 こんな所で長々と何をしてる……?」

ラスボス出てきたー!
ゲーム初版なのにラスボス出てきたー!







「鼠のように逃げおおせるか、この場で死ぬかどちらか選べ侵入者」

シエラの究極の選択!

「しゃぁああぁぁぁぁぁ………」

0.2秒後時間切れにより美鶴死亡。
せめて選ぶ時間ぐらい与えてやれよ……。



つづくかもー



つづきますー



「蒼……僕は疲れたから今日は任せて良いか?」

「はい、分かりました、シエラ姉様」

いつのまにやらそばに立っていた蒼にバトンタッチしたシエラ。
ゆっくり休んでくれよな。

「ちょおま!
 待つしゃくよ!!
 僕はシエラと戦う(?)ために来たのに何で蒼が出て来るしゃくか!?」

首をかしげて考える蒼。
しばらく考えて出した答えは

「大自然の摂理……ですかね」

超不確定的要素じゃねぇか。
でもよかったな美鶴!
ラスボスから一つ繰り下がったぞ!
シエラとあまり大差はないけど!

「あなたの死に場所はココです!
 ココです、ここなんですっ!」

「しゃうぅぅぅぅ!?」

「一瞬で終わります、耐えないほうが身のためですよ……?」

「ひ、ひとまず逃げるしゃくっ……!」

逃げられない……▽

「今死んでください!
 すぐに死んでください!
 骨まで砕けてくださいっ!」

ドズギャ!!ザジュ!!ズガガガガ!!!

あ、屋根……。
屋根壊すなよ……。
穴から見える超空要塞戦艦。
美鶴を見事に射抜く光の矢。

「じゃぁ”ぁあ”あぁ!!
 痛い、痛いじゃぐぅぅうう!!」

「死ぬのか!!」

ズゴッ!

「消えるのか!!」

ガゴギッ!!

「土下座してまで生き延びるのかっ!!
 選んでくださいっ!!!」

「―――――――――ッ!!!」

美鶴は体中に風穴を作って倒れた。
不思議なことに血は出なかった。
これもギャグがなしえる業なのか……。

「き、今日の……あ、蒼……はシ……エラ並に……よ……う……しゃが……な……いしゃ……く」

「どうしたんですか……? 
 シエラ姉様の弱みを握るんじゃなかったんですか……?」

腕を組んでため息を出す、超空要塞戦艦少女――空月・N・蒼。
実際彼女暇してたらしい。
その暇つぶしになると喜んでいたのだが思っていた以上に手ごたえがなかったようだ。

「き、聞いてたしゃくっ!?
 くっならば死んでもらうしかないしゃくっ!!」

どこから取り出したのか美鶴の右腕にはRPGがっ!
噴煙を残して美鶴の痛恨の一撃が蒼へと向かう!

「……邪魔です」

空から降ってきた機銃の赤い矢がRPGの弾頭をぶち抜き爆発させる!
なんだあの命中率。
そして部屋の中がめちゃくちゃだよ、もう!

「うわぁぁもう駄目しゃくっ!!
 せめてレーション(食い物、超まずい)で体力回復を――」

ごそごそとポケットを探る美鶴。

「アイテムなんて使うんじゃないです!!」

あ、阻止された。

「しゃくぅっ!?」

「アイテム使うなんて人間……いや屑の中の屑ですね。
 光波共震機銃発射準備……
 出力320%――目標指定、五秒後に攻撃開始。
 自動追尾装置にセット完了――発射!」

ネメシエルの下部から火を吹いた沢山の機銃が美鶴に突き刺さりまくった。
顎に穴が開く、開く、開く。
見てるこっちが痛い。

「しゃくぅぅぅぅうううう……」



GAME OVER



「美鶴、どうしたでっぱ!?
 応答するでっぱ!!
 美鶴!!美鶴ぅぅぅぅうう………」

   ・
   ・
   ・

「うわぁ、死にたくないしゃくっ!!」

何やってんだ、あいつ。
桐梨の社会の時間に立ち上がるなよ。
授業中だってのに大声で叫びやがって……。

「…………」

生徒全員が美鶴に痛い視線を送る。

「………」

桐梨が美鶴に自分の授業を邪魔された怒りと憎しみの視線を送る。

「あれ……夢だったしゃく……?
 よかったしゃく……」

「よくないな。
 さぁ、これから悪夢の始まりだ」

がっちりと桐梨に腕を掴まれる美鶴。

「しゃくっ!?」

「さぁ、生徒指導室に行こうか……?
 みんなは自習な。
 灼場山は今から……ふふっ……」



しゃぁぁぁぁああぁあああ???????





               つづくかもー



吟蒼

遅れましたが吟さんが空月・N・蒼を書いてくれました。
超可愛い!
ありがとうございます!!
こうやって小説のキャラを書いてもらうのはかなり嬉しいです!
本当にありがとうございました!
詩乃さんの蒼も可愛いし、吟さんの蒼も可愛いし……
俺幸せもんだー

あ、今更ながら空月・N・蒼(そらつき ねめしえる あお)ですからね!

なんで念を押したのかは不明です ゴルァ(ш゚Д゚)ш Σ(゚д゚ lll)エッ?
関連記事
もくじ   3kaku_s_L.png   しゃくでば! (短編)
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
  ↑記事冒頭へ  
←とうけう    →怪盗な季節☆ 第四三話
*Edit TB(0) | CO(7)

~ Comment ~


自分の夢の中でくらいヒーローになろう、美鶴。
切なすぎるよ……苦笑
#902[2010/08/14 21:40]  佐槻勇斗  URL 

美鶴さん、いったいだいじょうぶなんでしょうか・・・
あごとか、いろいろ(ry
蒼ちゃんかわいいです´д*
#900[2010/08/11 15:00]  くうしゃむ  URL 

蒼ちゃんの暇つぶし相手にはなりたくないですね!(汗
それにしても夢でも現実でもゲームオーバーな感じですねぇww
ていうか蒼ちゃん超可愛いです!ふわああいいですねーvvv!
#899[2010/08/11 10:56]  歌  URL 

いつか、しゃく(美鶴)の顔を見てみたいですね。
もちろん、注目すべき点はアゴ!!
#898[2010/08/11 00:29]  ヘソ子  URL  [Edit]

RPGは至近距離で命中しても爆発しません。
内部の信管が作動しませんので。
ある程度距離を飛んでから爆発するようになっているのであります。そうでなくちゃ危なくて使えん。

それから、狭い部屋の中でRPGなんか撃つと、背後の壁からはね返ってきた、発射時に後部から吹き出る炎と高温のガスが撃った人間を襲い、非常に危険です。

よって、RPGに限らず携行対戦車ロケットを撃つ場合には、背後に十分な空間があることを確認してください。それから、そういった射手の後ろにいるとたいへん危険ですので、せめて横ないし安全な位置にいることが望まれるでしょう。
#895[2010/08/10 17:50]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

アゴに穴が・・・!!

地味に美鶴の動向が気になって仕方が無いww
一体次はどんな変態的な行動を・・・・?ww

#894[2010/08/10 12:19]  吟牙  URL 

モカちゃんでメタルギアごっこやってみたいけど、BB弾でくるみちゃんを倒せるとは思えん
#893[2010/08/09 23:58]  そのちー  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←とうけう    →怪盗な季節☆ 第四三話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。